粉体圧縮の次は工程圧縮「PTOLEMY SYSTEM」

長年<粉体圧縮技術>を培ってきた菊水製作所は、次のステージとして、<工程圧縮>をご提案します。
PTOLEMY SYSTEMは、定量フィーダ(POLARIS)、連続混合装置(CRATER・ARIES)、NIR測定排除ユニット(SPICA)、錠剤機、錠剤整列搬送装置(AURIGA)を一体化させたシステムです。

回転盤交換式高速錠剤機「CYGNUS-K 」

CYGNUS-Kは、シングル機でありながら、最大約60万錠の生産が可能な大量生産型回転盤交換式高速錠剤機です。従来の高速回転式錠剤機よりも、長時間運転における発熱や運転時の騒音も改善され、機械重量の軽量化にも成功。部品点数も削減し、ユーザーフレンドリーな設計になっています。

高速回転式錠剤機「AQUARIUS G-B」

AQUARIUS G-B機は、大量生産向けに開発された回転盤脱着式高速回転式錠剤機です。
120kNの高圧縮・150回転までの高速回転を可能にし、更なる生産の効率をあげる仕様となっています。

高速回転式コンテインメント錠剤機「AQUARIUS C」

AQUARIUS C機は、すぐれたコンテインメント性能により高活性原料を完全に機内に封じ込め、作業者と環境を保全できる世界初の自動水洗・真空乾燥回転式コンテインメント錠剤機です。
また、本機ではIP65準拠の外装により、機内だけでなく機外の水洗も可能としています。

外部滑沢噴霧システム「ELS-P1」

錠剤を生産するためには、主薬、賦形剤に加え、打錠障害の抑制のために予め少量の滑沢剤を混合させておく必要がありますが、反面、その滑沢剤が錠剤の硬度や崩壊性に悪影響を及ぼすことが知られています。
本システムは、微量の滑沢剤を上下杵、臼へ直接噴霧し、滑沢剤の皮膜を粉末の接触面に形成することにより、内部に滑沢剤を含まない錠剤の生産を可能にしました。

錠剤測定機「TM5-2」

錠剤質量・厚み・錠径・硬度測定装置
TM5-2は、従来のTM5-1の機能に加え、ウェットダウン・水洗対応機能を加えるとともに、これまで錠剤測定・搬送の技術・経験を活かし、確実かつ迅速な測定を可能とした錠剤質量・厚み・錠径・硬度測定装置となっております。

高速自動カプセル充填機「PLANETA100」

PLANETAは、様々な生産能力と充填剤形のご要望に応じて仕様変更できるフレキシブルなモデルです。最大生産能力は、6,000, 12,000, 25,000, 50,000, 100,000caps/hから生産スケールに合わせて選択できます。モジュール化された充填ユニットを2台取付けることで、異なる剤形の複合充填も容易に実現します。

新着トピックス

Topics

2019.09.13
製剤機械技術学会教育研修会
一般社団法人製剤機械技術学会の内服固形製剤研修が2019年9月12日、弊社にて行われました。 テーマは「医薬品製造技術と品質評価」で「錠剤機の構造と打錠障害」...
2019.09.04
日本CMO協会様 技術セミナー 開催
2019年8月30日、弊社にて、日本CMO協会様の技術セミナーが開催されました。 打錠障害とその対策、錠剤機における注意点及び労働災害についての講義他、メ...
2019.08.29
粉体工業展2019出展のお知らせ
2019年10月16日~18日に開催される粉体工業展に出展いたします。 粉体圧縮技術を培ってきた菊水製作所は、次のステージとして工程圧縮をご提案します。 ...
2019.07.10
第21回インターフェックスジャパン来場御礼
7/3(水)~7/5(金)東京ビッグサイトにて開催された、<第21回 インターフェックスジャパン>に出展いたしました。 また、7/4に併催した出展社による製品...

菊水製作所の想い

About us